お客様の声 AIU様

どんな案件でも大小問わずに一生懸命、誠実に取り組んでいただける私たちの良いパートナーです。AIU損害保険株式会社 東日本地域事業本部 事業本部長 中村邦嘉様
AIU保険ロゴ

AIUの東北・北海道を統括する中村本部長。「保険業専門の決算書の見方」を独自に構築してもらってトレーニングをお願いしたり、クライアント企業から相談を受けた時にはつばさ税理士法人・つばさパートナーズを紹介しています。

なぜ、つばさパートナーズにお願いしているのか

第一印象はいかがでしたか?

地域の会合で知り合いました。第一印象は、カチカチッとして真面目そうだなぁ、という印象でした。
知り合って少し話をするようになってくると、とても気さくで人柄も良く、話しやすい、相談しやすい人だなぁと感じました。

お付き合いするきっかけは?

話をしている中で、竹田先生が「決算書を見れば全てが分かる」という話になって、私たちのサービスの中でも決算書を読んで提案するサービスがあったので、一度アドバイスを受けてみようかな、と。

社内代理店への講習会を依頼

それはどんなサービスですか?

当社は、大同生命保険株式会社と提携し、経営者向けの保険商品を販売しています。
その時に、決算書を拝見し、経営者に最適な保険商品を選んでおすすめをしています。保険商品を選ぶ為に、企業の決算書をどのような視点で見るかが重要になってきます。
今までは私たちの視点からおすすめをしていました。そこをつばさパートナーズさんの視点からアドバイスをもらったらどうだろう?と思ったのです。

実際アドバイスを受けてみていかがでしたか?

当たり前ですが、全然私たちの視点と違いましたね(笑)すごい良かった。
素人の作る料理とプロが作る料理ぐらいの違いがありました。

どのような点が違いましたか?

一言で言うと、「プロの切り口と着眼点」という事です。
決算書には色んな数字が載っていますが、それは数字でしかない。その企業が赤字だ、黒字だという事は数字を見れば素人でも分かりますが、この業種でこのタイミングでこの数字になっている本当の意味合いを見抜くという点で、さすがプロの視点だなぁ、と。 うーん、スゴイな、と唸りました。

プロの視点だと、その企業の本質を見抜くというか、その企業が上向いていくのか、少し下降線をたどりそうかということまである程度見通しをつける事ができる。 本当に、全然違いました(笑)

どのように自社のサービスにつばさパートナーズの視点を取り入れたのですか?

具体的には、私どもの代理店向け、及び社内向けに講習会を開いていただき、決算書の見方を教えてもらっています。
今まではどこにも無かった、「保険業専門の決算書の見方」を独自に作り上げてもらったんですね。
資料もとてもキメ細かく考えて作りこんで貰いました。大変感謝しています。

また、AIU内でも私たちの東北・北海道地域の取り組みが評価され、この前はつばさパートナーズさんに東京地区での講習会をお願いしました。

クライアント企業への紹介

他にもつばさパートナーズとのお付き合いはありますか?

もう一つあります。私たちは保険を通して大小様々な企業の経営者とのお付き合いがあります。
その中で、「税務に強い人いないかなぁ?」「事業を息子に継がせたいんだけど・・・」などと相談を受けることがあります。そんな時、つばさパートナーズさんをご紹介しています。

そういう事があるのですね。

ええ、やっぱりクライアントとの人間関係を構築していく中で相談を受けるわけです。紹介をするなら、間違いのない人がいいな、と。

つばさパートナーズのどんな所がいいですか?

お願いする仕事は税理士の仕事が多いのですが、公認会計士の資格をお持ちで事務所もあるので、税務だけではなく経営全体をアドバイスできるのが一番すごいですね。
やっぱり、視点が全然違う。
それにフットワークが軽く、お人柄も良いからだと思うのですが、案件や企業の大小に関係なく、全部の案件に一生懸命取り組んでもらえるのが嬉しいですね。紹介する私たちとしても安心できます。
コンサルティングの案件から、税務関係の細かい案件まで、公認会計士・税理士の仕事の領域なら何でもお任せできるのがいいです。

今まで、つばさパートナーズさんから「その案件は引き受けられません」という言葉は一度も言われたことがありません(笑)

つばさパートナーズへ今後期待すること

つばさパートナーズへ期待する事はありますか?

竹田先生は税理士の資格以外にも公認会計士の資格を持っているのにも関わらず、偉ぶらず、気軽に相談できて、とても頼りになります。
公認会計士という「日本の中でも超難関の資格を持っている先生」というと、偉そう、などのある種の印象があると思うのですが、竹田先生はフットワークも軽く、全然違います。
資格を取るまでに色々苦労をされているという事も聞いていますが、そんな所で磨かれた人間性がとても素晴らしいです。
極端に言うと、先生として座っているというよりは、お客様の為に営業マンのように飛び回っているというイメージです。

そんなキメ細かいお客様へのサポートで、公認会計士という仕事に対して、新しいイメージを作り出すような仕事をしてもらいたいと思います。