お客様の声 チャレンジドジャパン様

どんな案件でも大小問わずに一生懸命、誠実に取り組んでいただける私たちの良いパートナーです。AIU損害保険株式会社 東日本地域事業本部 事業本部長 中村邦嘉様
チャレンジドジャパン ロゴ

障がい者支援の株式会社チャレンジドジャパンを経営する白石社長。
会社の社会的信頼を高めるために公認会計士監査を導入しました。

株式会社チャレンジドジャパン様の概要

事業内容を教えて下さい。

障がいをお持ちの方が職に就くための支援業務を行っています。

竹田公認会計士事務所とはどんなお付き合いをしていますか?

公認会計士監査業務をお願いしております。
チャレンジドジャパンは上場を目指しているわけではないのですが、提供しているサービスの性質上、会社経営の透明性が強く求められると感じています。そのため、第三者から経営をチェックしてもらうという意味で、お願いしています。

竹田公認会計士事務所を選んだ理由

なぜ、公認会計士監査を導入しようと思ったのですか?

チャレンジドジャパンが行っている業務は、障がいをお持ちの方が職に就くための支援業務です。
行政が主導で障がい者雇用を促進するための事業を推進しており、その委託を受け、当社が実施しています。
そのため、当社の事業は、一般の企業体よりも社会の公器としての意味合いが強いと思っています。ゆえに、一点のくもりもなく当社の透明性、公正さを証明することが関係する皆様全員に対してのメリットになると感じています。

より透明性、公正さを高めていくために何をすれば良いかと考えた結果、社外の第三者に当社の公正さを証明してもらう、公認会計士監査を選びました。

竹田公認会計士事務所はどのように知りましたか?

代表とは、大学の同窓会で知り合いました。
それ以来、いろんな会合でお会いする機会もあり、親しくしていました。

第一印象はいかがでしたか?

インタビュー様子

私も竹田先生も大学同窓会の幹事的なお手伝いをしていた中で知り合いましたが、スラっとした感じで、「仕事できそうだなー」という印象でした。硬柔あわせ持つ、というか。

その後、公私ともにご一緒する機会が増えたのですが、ちょっとした遊びに近いイベントで一緒に活動した時、本当に真面目だなぁ、と思うことが端々にありました。

ちょっとした遊びにも一生懸命取り組まれる竹田先生は、本当にまじめで信用ができるなぁ、と思います。

お願いすることにした理由は?

以前から会社の透明性をより高めるにはどうしたらいいか、という事は考えていました。
タイミング的に、そろそろ導入しようとした時に、日々付き合いがあって信頼できる竹田先生が近くにいたので、特に迷うことも無く自然にお願いすることにしました。

竹田公認会計士事務所への評価

どのような業務を依頼しているのですか?

私たちも初めてお願いするので、比較はできないのですが・・・。

四半期に1回ごとに見て頂いているのですが、より厳しい視点でみてもらうことは非常に大事だな、と実感しています。
元々自分達自身でも厳しい視点で見るようにしているのですが、外部からの監査が入ることで、より「正しい経営をしている」という事が強固になると感じます。
このような監査を仕組みとして取り入れることで、当社としての姿勢が社内のスタッフにも伝わり、ひいてはチャレンジドジャパンをご利用いただいているお客様にも伝わっていくのではないか、と考えています。

他では、年に1回の監査報告書のみ、という所もあると聞きますが、竹田公認会計士事務所さんは3ヶ月に1回、2~3日かけて四半期の監査をしていただき、マネジメントレターというレポートを提出していただけるんです。
こちらは数字から見た様々な経営に対する気付きをレポートにまとめていただているもので、非常に重宝しています。
レポートの内容は、会計・税務について、竹田公認会計士事務所さんが気付いた事項についてピックアップしていただいています。

年に4回いただき、理事会等で共有することで、改善サイクルをスピーディーに行うことが出来ています。

竹田公認会計士事務所への要望

竹田公認会計士事務所へ何か要望はありますか?

これからも、今まで大小様々な企業をサポートされてきた中で磨かれた目で、
厳しく当社の監査をお願いできればと思います。